お尻ニキビの治し方を研究しました。

MENU

なぜ治らない!?お尻ニキビの原因と対策!

「お尻ニキビ、なかなか治らないし座ると痛いし見た目も悪い・・・」

 

「一体どうすればいいの・・・」

 

皆さん、お尻にできた厄介なニキビに悩んでいますね?

 

このお尻のニキビ、一体なぜできるのでしょうか?

 

悩ましい!お尻ニキビの原因とは?

 

できてしまうとなかなか治らないお尻ニキビ。

 

ストレスもたまるし、温泉やプールなどでは人目が気になる・・・

 

早く治したい一心で、お風呂で入念に洗ったりしていませんか!?

 

実はこの行為、逆効果です!

 

お尻にできるニキビは、顔にできるニキビとはまた違うんです。

 

ニキビは基本的にアクネ菌による感染によって発症しますが、お尻の場合は感染する菌の種類が違うことが多いです。

 

顔にできるニキビ(尋常性ざ瘡[じんじょうせいざそう])は毛穴にたまった皮脂に「アクネ菌」という細菌が感染して起こります。

 

対して、お尻にできるニキビは、「マラセチア菌」という真菌によって引き起こされます。(100%ではありませんが、治りにくいぶつぶつは大体こいつが原因)

 

真菌とはカビのことです。つまり、お尻のニキビは、カビが原因でできるのです。(マラセチアの場合は酵母としての性質も持っている)

 

私たちの体に住み着く常在菌

 

実はアクネ菌、マラセチア菌は共に「常在菌」と呼ばれていて、私たちの体に常に住みついている菌なんです。

 

そして、なぜ常に体に住み着いているのに体中に発症しないのかというと、アクネ菌・マラセチア菌に限らず、多くの常在菌たちが対立しあい、均衡を保っているからなんです。
 

 

 

免疫力の低下、衛生面の悪化などにより、一部均衡が崩れると、勢力の強いほうの菌が暴れだし、結果的に発症するというわけです。

 

なぜ入念に洗ってはいけないのか?

 

早く治したくて、お風呂で入念に洗ってしまう気持ちはわかりますが、お尻ニキビの場合は逆に悪化します。

 

真菌というのは、実は洗剤では死滅させることが難しいのです。

 

対して細菌には有効なので、細菌の数が減り、マラセチア菌の数が多くなると・・・

 

結果として、数が多いため、毛穴に入り込んで吹き出物として症状が現れる確率も高くなるんですね。

 

以上の理由から、入念にお尻を洗浄するのは避けたほうがよいといえます。

 

お尻ニキビを治す方法を考えてみる

 

 

原因を探っていくと、どうにも厄介で、思っていたより深刻に思えたかもしれません。

 

そこでまず考え付くのは「医薬品」。

 

かといって、お尻にできたニキビなので、病院に行ってみてもらうのも恥ずかしい・・・

 

なのでまずは市販品を探すと思います。

 

ですが、なんの考えもなしに「ニキビ用」のお薬を買ってしまうと、やはり真菌と細菌では求められる成分が違うでしょうし、顔にできたにニキビ用のお薬の場合、もちろん顔に合わせた成分で作られていると思うので、お尻のニキビに効果があるかというとそうでもないのでしょう。

 

患部が赤くなって、椅子に座るだけでとても痛い炎症を抑えたい場合、有効な成分として副腎皮質ホルモン(ステロイド)がありますが、こちらは含まれている市販品も少なく(市販品でも含有量は少ないはず)、ステロイドが多く含有している薬品は、用法・容量が難しいので基本的には医師に処方箋を出してもらい、医師の指示のもと使用することがおおいです。

 

また副作用なども怖いですよね。

 

お尻ニキビという同じ悩みを抱える人々がネット上でいろいろ議論していますが、医師に診てもらうことに抵抗を感じている人はやはり多いようにに感じます。

 

それだけデリケートな悩みなのですね。

 

かといって、自分で市販薬を扱うのも敷居が高いですし、聞きなれない成分の名前を憶えてその成分の入っている薬を探しに行ったりするのもなかなかに億劫です。

 

真菌対策をしなければならないというのも、敷居をあげている要素でしょう。

 

一体どうしたものか・・・と思っていたらあることに気が付きました。

 

薬に頼るのではなく、スキンケアをしてみてはどうか?

 

 

これ、ある意味最強です。私たちの体自身に備わっている皮膚の自然治癒力をたすけるってことですよね?

 

スキンケアなら、副作用などの心配もする必要がないですし、精神衛生上いいはず(笑)

 

ということで、私なりにスキンケア化粧品を調べてみました。

 

結果から言うと、「ピーチローズという製品に軍配が上がりました。

 

ほかにもたくさんスキンケア化粧品はありますが、実績、信憑性ともに、ピーチローズはトップだと思いますね。

 

あの有名な化粧品口コミサイト、@cosmeでも高い評価を得ており、口コミ数も相当な数(536件)があるのにもかかわらず、平均評定が5.4/7.0と、かなり高いです。

 

さらに、モンドセレクションで金賞、銀賞を獲得しているようですね。

 

 

ピーチローズ

 

以下、ピーチローズについて調べたことをまとめてみます。

 

保湿力

 

ピーチローズは、高い保湿力を持った製品のようです。

 

やはりスキンケアなので、保湿が一番大事なのでしょう。

 

よく聞く「ナノ分子」ってあるじゃないですか。あれが角質層まで浸透していくみたいですね!

 

そして、ただ角質層にナノ成分を届けるだけでなく、ヒアルロン酸、コラーゲンで肌の表層付近をコーティングして、乾燥してしまうのを防いでくれるようです。

 

 肌を健康に保つ

肌にはターンオーバーという機能が備わっています。

 

肌は層になっており、表皮の部分だけでも4層構造になっています。

 

表皮の一番下、基底層で細胞が作られて、どんどん表面に上がってきます。

 

上まで来た細胞は角質となって、剥がれ落ちていきます。

 

なので、傷がついた細胞も、やがては垢になって剥がれ落ち、きれいに元通りというわけですね。

 

このターンオーバーというサイクルに崩れが生じると、角質がたまり、角質層が厚くなってゆくのです。

 

厚くなった角質は、お尻の毛穴を詰まらせやすくしてしまいます。

 


お尻の毛穴が詰まった状態だと、そこに皮脂が溜まり、菌の温床と化します。つまり、お尻ニキビになってしまうのです。

 

マラセチア菌もアクネ菌も、皮脂が大好物なので、皮脂がたまっていれば根城にしてしまうでしょう。

 

これ以上悪化させないためにも、ターンオーバーを正常に保つことが大切です。

 

そのためには、肌を健康に保たねばなりません。

 

そこで、ピーチローズです。

 

 

まず、成分ですが、セラミド、ビタミンE、コラーゲン、ヒアルロン酸が含まれていますね。

 

セラミドについてしらべた

 


セラミドは、細胞膜に多く含まれている成分だそうです。

 

セラミドは、細胞死のメッセンジャーとも呼ばれていて、アポトーシスの制御をしているといわれています。

 

アポトーシス

アポトーシスというのは、生物の個体を正常に保つため、細胞が自ら死滅すること。

 

つまり、ターンオーバーを正常に働かせるということなのでしょうね。

 

ビタミンEについてしらべた

 

 

 

ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があるようです。

 

また、細胞を代謝によって生じる、フリーラジカルと呼ばれる細胞を攻撃する物質から守ってくれるみたいですね。

 

そのため肌荒れが防げるようです。

 

コラーゲンについてしらべた

 

 

ゼラチンてあるでしょう?あれってコラーゲンの変性体らしいですね。

 

ヒトの体のたんぱく質の3割はコラーゲンでできている!

 

結合組織に力学的な強度を与えてくれるらしいです。

 

つまりお肌の弾性を高めてくれるということなのでしょう!

 

骨や筋肉が簡単には断裂しないのはコラーゲンのおかげらしいです。

 

また、コラーゲンは細胞に分裂シグナルを送る機能もあるそうです。

 ヒアルロン酸についてしらべた

 

 

 

ザ・保湿です(笑)

 

化粧水などでとてもポピュラーな成分なので、聞いたことがない人は少ないでしょう。

 

高分子量(分子中の原子量の総和)であり、粘性を持つ物質のようです。

 

生体内では超高分子複合体となり、軟骨の機能維持など、重要な役目を果たしている物質です。

 

そして、重要なのがピーチローズ中に含有しているヒアルロン酸は、高分子と低分子があり、高分子ヒアルロン酸は角質の表面にとどまり、低分子ヒアルロン酸は角質の奥まで入り込み、ダブル保湿をしてくれるようです。

 

低分子ヒアルロン酸は、サイズが小さいため、厚くなった角質にも浸透してくれるみたいですね。

 

美白成分

 

 

ピーチローズに含まれている美白成分を調べました

 

水溶性プラセンタエキス

 

プラセンタとは、美白効果があるといわれている物質です。

 

代謝を向上させ、メラニン色素を正常に排出させることで、美白効果があるということのようですね!

 

グリチルリチン酸ニカリウム

 

抗炎症作用のある成分のようです。

 

これによって、刺激受けたお肌をカバーしてくれるのでしょうね!

 

低刺激

 

ピーチローズは無添加にこだわった製品のようです。

 

その低刺激さは、デリケートゾーンにも使えるほど。

 

ネットで調べていても、敏感肌でピーチローズが使えるか心配している方も多いようですが、個人差はあれど、大体の人は平気なのではないでしょうか?

 

敏感肌の方や、すでに炎症がひどい方も安心できますね。

 

お尻ニキビ - ピーチローズまとめ

 

お尻ニキビ対策としてピーチローズを使う際、どのような働きがあるかを分析してみましょう。

 

まず、お尻ニキビは菌の繁殖によるものですよね。

 

アクネ菌、マラセチア菌、どちらにも言えることですが、毛穴内で繁殖してニキビになっている状態で、椅子に座るなどして外的ストレスを与えてしまうと炎症になりかねませんよね?

 

   炎症がひどい場合→グリチルレチン酸ニカリウムの抗炎症作用

 

そもそも、保湿ができてないと肌はダメージを受ける一方。

 

 乾燥対策には→ヒアルロン酸、コラーゲン等の保湿成分

 

毛穴が詰まる!→毛穴に皮脂がたまる!→菌が繁殖する!

 

   毛穴のつまり改善→セラミドでターンオーバーを正常に

 

これで悪化を防げるのはもちろん、ターンオーバーが進めば古い角質が排除されていき、お尻ニキビにも進展があることでしょう!(ちなみにターンオーバーが正常だと、色素沈着も改善できます)

 

ピーチローズを買わないほうがいい人

 

 

これだけ紹介しておいてなんだよという感じですが、ピーチローズを買わないほうがいい人もいます。

 

それは、続けることができない人です。

 

ピーチローズは1,000円や2,000円で買える代物じゃありません。

 

ですが、お肌のターンオーバーという性質上、最低でも1ヶ月は続けられないと厳しいです。

 

ターンオーバーは1ヶ月から2ヶ月の間で1サイクルするので、普通に考えて3日やそこらで判断はくだせないのです。

 

なので、すぐに効果がほしい人はやめておいたほうが良いでしょう・・・

 

この件に関しても調べてみましたが、1週間で効果が表れたという人もいれば、2ヶ月めから現れだしたという人もいました。

 

もちろん個人差は必ずありますから、絶対的なことは言えません。あくまで参考程度にしてほしいのですが、1~2週間で効果が現れだしたという人は、比較的症状が軽かったようです。

 

たいして、2か月以上かかったという人は、目も当てられないほどに症状が重かったみたいですね。

 

ピーチローズの値段

 

ピーチローズは2種類の購入方法があります。

 

集中ケアコース(いわゆる定期購入)単品購入です。

 

まず、ピーチローズ1つで「朝晩各1回の使用で1ヶ月間」の使用を想定されています。

 

1ヶ月しか使わないというのであれば、単品購入でもよいでしょう。

 

ただ、値段的に簡単に決断はできません。

 

 単品購入の場合→10,000円+税+送料
 定期購入の場合→5695円+税(送料無料)
です。

 

ここまで値段が違うとさすがに迷いますよね・・・

 

ちなみに定期購入の場合は、60日間返金保障がついているらしいですね。

 

50%近く値段が違うので、慎重に選択しなければなりません!

 

私的にはやはり、症状が軽いのであれば単品でもいいかなとも思います。(再発した場合に、再度購入するとしたら結果的に損してしまいますが)

 

2ヶ月目の購入も考えているのならば、それが条件になっているので、定期購入でよいでしょう。

 

症状が重い場合はこちらにしておいたほうが良いかもしれません。60日間の返金保障がついているのでそこは安心できますし。

 

支払方法


支払方法は3種類用意されているようです。

 

 クレジットカード
 コンビニ支払い
 代金引換

 

ちなみにですが、定期購入の場合、クレジットカードで購入すると500円安くなり、5195円+税になるみたいですね!

 

2か月目からは通常価格です。

 

ですが、3か月目からは5125円になるという謎仕様です(笑)

 

割引はかなりされますが、安い買い物というわけでもないので、選択は慎重に、お財布と自分の体と相談して決めましょうね。

 

決断できた方はこちらからどうぞ!

 

ピーチローズの公式サイト

更新履歴